「世のため、人のために」

人に好かれたい、一目おかれる存在になりたい、できるヤツだと評価されたい…。私たちは常に他者の目を気にして生きています。他者から良い評価を得られれば、自尊心も高まり、幸せになれると思っています。しかし、他者から良い評価を得ようとすればするほど、私たちは幸せから遠ざかっている可能性があります。人から何かを得ようとするのではなく、人のために何かをし、人の幸せに貢献することこそ、良い対人関係、高い自尊心、そして幸せへの近道なのではないでしょうか。私の研究室では、「どのようにしたら他者の幸せに貢献できるようになるのか」を社会心理学的なアプローチで探求しています。


「日本人も、欧米人も、人間だもの」

文化が異なれば、人の考え方も行動も異なることは、海外経験があまりない人にとっても、もはや常識です。日本人が欧米人とどのように異なっているかを研究することも大切ですが、私は、文化がこれだけ異なっていても、人として共通する部分があることが面白いと感じています。たとえば「甘え」という言葉は日本語にしか存在せず、日本人特有であると言われていますが、アメリカ人も甘えることがあり、日本でも、アメリカでも、甘えが対人関係を促進することを明らかにしました。世界の人が日本人に対して抱くステレオタイプ的なイメージを是正できるような研究を目指しています。 


本を出版しました

「自尊心からの解放ー幸福をかなえる心理学」

自尊心を高めれば幸せになれる…と思われがちですが、自尊心を高めようとすると、かえって幸せから遠ざかってしまいます。「自分は価値のある人間か」という視点ではなく「自分は他者にどのような貢献ができるか」という視点をもつことが、自尊心への執着から自己を解放し、逆説的に自分が他者にとってかけがえのない価値ある存在になり幸福感がもたらされることを示してます。
 

社会心理学の実験の解説や、心理学尺度も

 私がミシガン大学院時代に行った社会心理学の実験(とその背景にある紆余曲折)を詳しく解説しています。また、実際に「心理学」を体験していただけるよう、Try It! のコーナーを設けています。心理学の尺度に記入したり、質問に答えたりすることで、本の内容がより身近に体験できるように工夫しました。理学の知識がない一般の方でも読んでいただけるように心がけました。自尊心についての知識だけでなく、「へぇー社会心理学ってこんなおもしろいことやってるんだ」と思っていただけたらうれしいです。
(定価1,800円+税)


 

関西大学の遠藤由美先生に書評をいただきました。

書評へ 


NEWS

2020/02/05 リサーチ・アシスタントを募集しています。いい出会いがありますように。RA募集の詳細.pdf
2020/02/04 3月27日Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences (ACP)で発表します。ACP 2020
2020/02/04 2月末にSPSPに行きます。今年はPreconferenceでポスター発表をします。
2020/01/13 卒論発表会には多くの卒業生も駆けつけてくれ,学年を超えた交流に感動しました。4年生のみなさん,卒論の完成お疲れ様でした。
2020/01/01 あけましておめでとうございます。今年はレビュー論文に挑戦します。学務も増え,時間との付き合い方がますます要になりそうです。
2019/12/03 中京大学での講演会では,様々な分野の方々からご意見をいただき,大変勉強になりました。ありがとうございました。
2019/11/22 12月3日に中京大学の企業研究所で公開講演会をさせていただくことになりました!「評価に囚われない働き方:REACTからACTへ」皆様,お待ちしております。ポスターはこちら
2019/11/9 日本社会心理学会で援助行動の文化差に関する口頭発表をしました。多くの方と意見交換ができ,実りある二日間でした。

過去のニュース