Here are the scales I developed over the years. Feel free to use them in your research. I would be interested in hearing the results you might get out of this scale! 
私が作成・翻訳・改良した尺度を載せています。ご使用になる際は,元の論文を引用くださいますようお願いいたします。何か面白い結果が出たら,ご一報いただけますと嬉しいです。

 

Culturally Invariant Compassionate and Self-Image Goals Scale (18 items)

日米で妥当性の確認された思いやり目標と自己イメージ目標尺度

Niiya & Crocker (2019)
 
Please use this scale if you are conducting cross-cultural studies on compassionate and self-image goals. This scale has been found to have similar factor structures and factor loadings in the U.S. and Japan. This scale also has the advantage of distinguishing likable, competent, and avoidant self-images. 
 
最新版の尺度です。全18項目。
日本とアメリカで同じ因子と因子負荷があることが確認されました。文化比較を行う際はこちらをお勧めします。好ましい自己イメージ,有能な自己イメージ,回避したい自己イメージも区別して測定できます。
 
Culture Invariant CSI Scale


The Revised Japanese Compassionate and Self-Image Goals Scale (22 items)

日本で改良された思いやり目標と自己イメージ目標尺度

新谷 (2016)
 
日本でより信頼性の高い尺度を作りました。全22項目です。日本文化に合った項目を入れました。日本でのみデータを取る場合にお勧めです。(項目の英訳を載せていますが,アメリカ人にはピンとこないかも知れません。)
 
Revised Japanese CSI Scale 


The Japanese Translation of Compassionate and Self-Image Goals Scale (10 items)

思いやり目標と自己イメージ目標尺度(Crocker & Canevello, 2008 の日本語訳)

Niiya, Crocker, & Mischkowski (2013)
 
This is the first Compassionate and Self-Image Goals Scale I translated for cultural comparisons. All the items were adapted from the original scale by Crocker & Canevello (2008). Reliabilities are low, given the small number of items. 
 
もともとのCrocker & Canevello (2008)に近い尺度です。全10項目。
ただし、日本では因子分析の結果、項目数をだいぶ排除したため、信頼性が低くなっています。
 
First English-Japanese CSI Scale


Time Perception Scale (12 items)

時間の捉え方尺度

Niiya (2018)
 
Here is a scale that measures how people perceive their time as a nonzero-sum vs. zero-sum resource. 
 
時間をゼロサム資源として捉えるか,非ゼロサム資源として捉えるかを測定する尺度です。綺麗に因子が分かれます。
 
Nonzero-SumTimePerceptionScale